Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Profile
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Others
Recommend



Alfie Staff Blog

Restrant Bar Alfieのスタッフによるブログです。
今日の仕込み 〜コラーゲンスープ〜
本日は冬季限定メニュー「鶏のコラーゲン鍋」用のスープの仕込みです。




基本的には鳥ガラスープがベースになりますが、通常よりもみじ(鳥の足)を大量に使います。もみじからコラーゲンが抽出できるのです。

このスープを5時間くらい炊いてコラーゲンを出せるだけ出します。
後は塩と中華スープの素を少し入れて味を整えます。
完成したらまたアップする予定です。
| 2011.11.01 Tuesday * 21:41 | お酒と料理の話 | comments(0) | - |
今日の仕込み
今日は明日のご予約のコース料理のメイン、「骨付き鶏もものコンフィ」を仕込みました。
低温油(80〜90℃)で長時間炊き込むこの調理法は素材をとても柔らかくするフレンチの代表的な手法です。


これを調理する時は皮目をパリッと焼いてマスタードソースで仕上げる予定です。
| 2011.10.28 Friday * 18:45 | お酒と料理の話 | comments(0) | - |
お待たせ致しました。
毎年恒例
今年は「まだやってないの?」「いつから飲めるの?」と、待ち遠しくてたまならないお客様が多数いらっしゃった様ですが、本日より、又始めさせて頂きます。

夏ならではの
水々しいスイカをそのまま使用した、お酒である事を忘れ、すいすいと飲んでしまいそうな、非常に口当たりのいいカクテルです。

こちらも桃同様、季節の果物ですので、期間限定となります。
是非お試しください。


| 2010.07.27 Tuesday * 22:59 | お酒と料理の話 | - | - |
期間限定「桃のフレッシュカクテル」
山梨と言えば葡萄や梨、桃など、フルーツの生産が盛んで有名ですが、そんな季節だからこそ!贅沢に県産のおいしい桃をふんだんに使ったフレッシュカクテルをご用意しております。

お好みの甘さ、お好みの強さ、など言って頂ければご希望に副ったカクテルをご提供させていただきます。

山梨でしか、Alfieでしか味わえない「桃のフレッシュカクテル」
期間限定ですので、是非お試しください。

桃のフレッシュカクテル
| 2010.07.22 Thursday * 19:36 | お酒と料理の話 | - | - |
少し早いMojito
Mojito(モヒート)

キューバのハバナが発祥の地の、ラムベースのカクテル



Restaurant Bar Alfieのモヒートは、市販されている小さいミントではなく、スタッフの自宅の庭で見事に育った天然のミントを使用しております。

ミントの葉1枚1枚が非常に大きく、尚且つ香りも良し。

有名なカクテルですので、スタンダードではありますが、他では味わえない、オリジナルと言ってもいい程のAlfieのMojitoを是非お試しください。
| 2010.05.31 Monday * 02:08 | お酒と料理の話 | - | - |
バーニャカウダ
バーニャカウダはイタリア・ピエモンテ州を代表する野菜料理です。
ピエモンテ語で「バーニャ」は「ソース」、カウダは「熱い」を意味します。
アンチョビとニンニクをオリーブオイルで混ぜて温め、野菜を浸して食べるフォンデュに似た料理です。

当店でもこのバーニャカウダが人気で、7種類の野菜を盛ったおすすめメニューです。

お食事前のオードブルとしてはもちろん、どんなお酒にもピッタリのおつまみにもなります。


是非一度お試し下さい!
| 2010.05.09 Sunday * 21:58 | お酒と料理の話 | - | - |
おすすめカクテル
Alfieでは、旬の果物を使ったカクテルやその時期にあったオリジナルカクテルを「おすすめカクテル」としてお出ししています。

はっさくのソルティードッグ
搾りたてのはっさくの爽やかな香り漂うソルティードッグです。

フルーティー・キッス
フルーツ&ミルクでほんのり甘いカクテルで、かわいらしい気分に!

ルージュ・ド・ノワール
甘味と酸味のバランスが絶妙な、口当たりのいいショートカクテルです。

・・・・・といった感じで、当店でしか味わえないカクテルを是非ご賞味あれ星
| 2010.04.20 Tuesday * 04:44 | お酒と料理の話 | - | - |
砂肝のコンフィ
当店の人気メニュー「砂肝のコンフィ」を紹介します。

「コンフィ」とはフランス料理の調理法で、もともとは「confireコンフィル」(保存する)という言葉からです。昔、冷凍の技術がなかった頃に風味を加えて保存できる調理法として考え出されたそうです。
主に肉と果物にこの調理法は用いられます。

果物の場合は砂糖の中に長時間漬けます。
肉の場合は低温の油で長時間炊き込む感じです。

当店の砂肝は下味をした後に80度〜90度の油の中で1時間半ほど炊きます。すると砂肝は信じられないほどフワフワに柔らかくなります。ご提供の時はこれを軽くソテーして特製のドレッシングとピンクペッパーをかけて出来上がりです。
お馴染の砂肝とは変った洋風料理の砂肝を是非一度お試し下さい。
| 2009.04.27 Monday * 21:55 | お酒と料理の話 | - | - |
ウイスキーの魅力
「食前酒」と聞いてまず頭に思い浮かぶお酒はなんでしょう。

一般的にはビールと答える人が多いでしょうか。または洋食のレストランに行く機会の多い人はアペリティフのキールやシェリーといったところでしょうか。人それぞれだと思います。


少し馴染めない発想かもしれませんが、食前酒にウイスキーなんていかがでしょう。

食前なのでほんの1ショットに少しの水を加えたものがいいと思いますが、実はウイスキーって後味が非常にすっきりなんです。しかも銘柄の多さも圧倒的だから自分の好きなものを選べます。その日の料理やその後に飲むワインなんかを考えながら選べば満足できます。


女性の多くの方は「苦手」と言うように思われます。それはウイスキーに対するイメージが、何か固定概念のようなものがあるのでしょう。よく耳にするのが「お父さんの味」です。多分それは一昔前に酒税法の関係でスコッチウイスキーが高級品だったころに「お父さん」がお手頃な国産ウイスキーを飲んでいたからではないでしょうか。

実はそのお手頃な国産ウイスキーでさえ以前とは比べものにならないくらい上質でおいしいものに変ってきているのです。
フルーティーで繊細なものやウッディで力強いもの、クリーミーで柔らかいもの、とてもお洒落でおいしいお酒なんです。
今ではスコッチウイスキーも気を張るほど高級なものではありません。ワインと違って好きな銘柄を一本ではなく「一杯」から飲むことができるのです。
作法もありません。ロック・水割り・ハーフロック・ソーダ割・お湯割、好きな飲み方ができるのです。 


食前から話始めましたが食後でも食事中でもそのすっきりとした後味はかわりません。




いかがでしょうか、この機会に食わず嫌いならぬ「飲まず嫌い」の方。お好みのウイスキーをお好みの飲み方でを見つけてみませんか?
| 2009.01.19 Monday * 21:56 | お酒と料理の話 | - | - |
ローストビーフ
ローストビーフの発祥はイギリス。イギリスの伝統的な肉料理。
牛肉の塊をオーブンで焼きあげ、薄くスライスして食べる。
薬味にはマスタードやクレソンを添えるのが一般的であるが日本ではワサビを使うことが多い。
イギリスではローシトビーフは伝統的に日曜日の昼食のメインディッシュとして扱われ、残りの冷めたものは翌日の月曜日の晩ご飯にサラダと共に提供される。


当店アルフィーではただ今ご予約に限りローストビーフをお作り致しております。ジューシーな肉汁がこぼれるおいしい和牛にきざみワサビをつけて食べるローストビーフは格別です!是非一度お試しください。
| 2008.12.08 Monday * 20:50 | お酒と料理の話 | - | - |


| 1/2Pages | >>